May 10, 2018

June 16, 2017

May 31, 2017

May 15, 2017

April 22, 2017

March 8, 2017

March 6, 2017

February 21, 2017

Please reload

最新記事

Cheer up FUKUSHIMA

May 10, 2018

1/9
Please reload

特集記事

Charity Workshop in San Jose

June 12, 2017

皆さん、こんにちは。

6月4日、アメリカ・カリフォルニア州サンノゼという街で、NFLサンフランシスコ49ERSチアリーダーの元チームメイトで、プロジェクトメンバーの石坂愛理さんと、チャリティワークショップを行いました。

 

実は、49ersの本拠地は現在、サンフランシスコではなく、ほぼサンノゼエリアにあります。 サンノゼエリアは、アップルや、フェイスブック、グーグル、ヤフー、、、とにかくITの街で、シリコンバレーと呼ばれており、IT系の日本人の方がたくさん住んでいらっしゃいます。

 

と、言うわけで、今回のワークショップは、私達の住んでいる街サンノゼで、行いました。

今回のワークショップの目的の1つは、震災を風化させない取り組みを目的としたダンス(以前高校生一緒に作った)を広める事でした。 また、トビラプロジェクトの紹介を簡単なプロジェクトにし、今回受けて下さった方々の支援がどうつながって行くのかを、レッスン前に少しだけお話し致しました。

 

 

 

子供クラス、大人クラス共に、終始笑顔の絶えない楽しいクラスとなりました。

大人クラスには、実際に出産のため福島に里帰り中に震災に遭ってしまった方がいらっしゃいました。

3.11の2週間後、余震の続く中でグラグラと揺れながら出産したお話しなどをお伺いし、私達も更に勉強となる機会となりました。 Kidsクラスでは、震災があった事はなんとなく知ってはいるけれど、当時は小さ過ぎて覚えていない、もしくはアメリカにいて詳しくは知らないという事で、改めて東北震災を風化させない取り組みの大切さを感じました。

 

今回、初めてアメリカでこの様な形でワークショップをできた事は、私達自身にも新たな気付きや、大切なことを思い出させて頂きました。 引き続きアメリカ支部として、今後は日本人だけでなく、アメリカ人にも興味を持っていただける様な方法で活動していけたらいいなと思います。 私達は、アメリカにいる身として、今後も様々な形でトビラプロジェクトを支援させて頂きます。 Mika & Airi