Cheer up KUMAMOTO

February 21, 2017

 

こんにちは、元NFLサンフランシスコ49ersチアリーダーの佐竹美帆です。
ToBiRaプロジェクトの活動として、1月に熊本をNPO法人クラップス代表の石河先生と一緒に訪問。

熊本地震の震源地でもある益城町の隣町に活動拠点があり、数多くの生徒が家を失い避難所生活をしているにも関わらず、多くの子ども達に交流や学びの場をイベントとして提供したり、学校側とも連携を行ったりと復興支援活動への取り組みを行っているFun&Fitさんと一緒に活動させていただきました。Fun&Fitさんや熊本学園大学の学生の皆さんが主体となって、思わず私までも体を動かしてしまうような楽しい要素満載のゲームやトレーニングプログラムがたくさん。お昼には包丁を使ってみんなでご飯作り!非常食づくりを通して防災についても子ども達と再確認をしました。

そして、その後のチアダンスのレッスンを石河先生と一緒に担当させていただきました!なんと、福島のチアリーダーの子ども達が作ってくれたポンポンを石河先生が運んできてくださり、子供達も大喜び!初めてのダンスに、みんな一生懸命チャレンジし、最後にはほとんどの子が覚えて踊れるようになりました!
スポーツが苦手な子でも楽しめるプログラムとして、いつも頑張っているママのために何かプレゼントを残せたらと用意したロゼットづくりでは、男の子もママの喜ぶ顏をイメージしながら真剣に作品づくり。

 

翌日には、2つの幼稚園訪問に同行させて頂きました。幼稚園が「ワンダーランド」になって色々なスポーツのミッションにチャレンジするというプログラムの中で、私は昔の経験を生かしてマット運動のサポートもさせていただきました。無邪気で容赦なく元気な子供達にタジタジ、、自己紹介を英語であいさつした時の子供達の驚いた顔がとても印象的でしたが、最後までずっと「GO!GO」や「NICE」など覚えた単語で見送ってくれたことがとても嬉しかったです。

益城の幼稚園は、未だに園の遊戯室の床が歪んでいるのにも関わらず、そんな中でも園児たちは運動会で踊ったチアダンスで歓迎してくれました。至る所で、震災の爪痕が残る場面を目にしましたが、子ども達の笑顔が町の人たちの心を救っていると感じた瞬間でした。

この熊本訪問の前には、チャリティワークショップを福岡にて開催いたしました。子供の部と大人の部をそれぞれ開催しました!大人の部には、Bリーグのライジングゼファー福岡で活躍している現役チアリーダーのRFCチア方が中心に参加して下さいました!

 

東北での活動のこと、プロジェクトのことも参加者とその保護者の方にもお話をさせていただき、後日メッセージもいただきました。今回の私の渡航費は、東京や大阪・福岡で開催したチャリティーワークショップから捻出させていただきました。こうやってチアリーダーが協力しあう輪がひろがっていったら素敵ですね!今後も皆様のご協力をどうぞよろしくお願い致します!